遺言・生前贈与の相談から、生前対策までトータルサポート

東京遺言・死後事務委任の相談から、生前対策までトータルサポート
運営:NSパートナーズ司法書士事務所 渋谷駅から徒歩7分

03-3486-0557

住宅取得資金の特例

住宅資金を贈与する際には、住宅取得資金特例と言う制度があります。
この制度を利用すると、住宅資金を贈与する際に、一定額が非課税となるものです。
ただし、この非課税額は毎年変化するため、適宜確認が必要となります。

非課税枠(*1)~平成26年度の場合

平成24年 平成25年 平成26年
省エネ等住宅 1500万円 1200万円 1000万円
上記以外の住宅 1000万円 700万円 500万円

◎住宅取得資金特例が適用される主な条件

受贈者: 20歳以上の者。合計所得金額が2000万円以下の者。
贈与者: 受贈者の直系尊属(年齢要件無し)
暦年課税適用者と相続時精算課税適用者の双方が利用可能
(*1)東日本大震災の被災者については、1,500万円又は1,000万円の非課税枠が3年間継続し、床面積の上限なし。
(*2)贈与者の年齢要件に係る相続時精算課税の特例(贈与者の年齢が65歳未満の場合でも相続時精算課税の適用が可能)の適用期限は、平成26年12月31日。
(*3) 相続時精算課税制度を選択した場合、相続時に他の相続財産と合わせて相続財産として相続税で精算する必要がある。なお、相続時精算課税に係る特別控除(2500万円)の適用は、父母からの贈与が原則です。

NS図01

従って、暦年課税対象者が住宅資金を受贈する場合は、1,310万円までが非課税に、
相続時精算課税対象者が住宅資金を受贈する場合は、3,700万までが非課税となります。

<h2>初回!無料相談について</h2>
<p>当事務所では、無料相談を行っております。 お気軽にご相談ください。</p>
<p>&nbsp;</p>
<div class="contact_bnr">
<p><a href="/free/"><img class="opacity" src="http://ns-partners.sakura.ne.jp/yuigon/wp-content/uploads/2014/09/btn12.gif" alt="無料相談の詳細はこちら" /></a></p>
</div>
<h3>当ホームページで、よく読まれているページはこちらです。</h3>
<table style="width: 600px;">
<tbody>
<tr>
<td><strong><span style="font-size: 14pt;"><a href="/">●HOME</a></span></strong></td>
<td><strong><a title="事務所案内" href="/company/"><span style="font-size: 14pt;">●事務所案内</span></a></strong></td>
<td><strong><a title="無料相談" href="/free/"><span style="font-size: 14pt;">●無料相談</span></a></strong></td>
</tr>
<tr>
<td><strong><a title="料金表" href="/price/"><span style="font-size: 14pt;">●料金表</span></a></strong></td>
<td><strong><a title="アクセス" href="/access/"><span style="font-size: 14pt;">●アクセス</span></a></strong></td>
<td><strong><a title="お問い合わせ" href="/contact/"><span style="font-size: 14pt;">●お問い合わせ</span></a></strong></td>
</tr>
</tbody>
</table>

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

ご相談例

遺言バナー

遺言ケース

9つのリスク

yuigon

成年後見の専門サイト

souzokusite

google map

東京都渋谷区鶯谷町3番1 SUビル8F