遺言・生前贈与の相談から、生前対策までトータルサポート

東京遺言・死後事務委任の相談から、生前対策までトータルサポート
運営:NSパートナーズ司法書士事務所 渋谷駅から徒歩7分

03-3486-0557

遺言を専門家に相談せずに書いて失敗するケース

 

今回は、遺言を専門家に相談せずに書いて失敗する場合がある、ということについてお話いたします。

 

遺言には、法律上定められた書き方があります。そのことを守らず遺言を書いてしまったため、遺言が無効となってしまった事例をご紹介いたします。

 

 Aは、自分が高齢となり、妻と子が自分の死後に財産のことでもめてしまいそうと考えたため遺言を残そうと考えました。

Aは、遺言の方法を自分で調べ、公正証書遺言と自筆証書遺言という方法があることを確認しました。
そして、自筆証書遺言は自分で遺言を作成するため費用が安く済むということで自筆証書遺言を作成することにいたしました。

 自筆証書遺言とは、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない遺言のことをいいます(民法968条1項)。
つまり、遺言の全文を自分の手で書かなければならない遺言です。

 Aは、「自書」という意味を勘違いし、自分がパソコン等を用いて遺言書を作成することで自書になると思っていました。
そのため、Aは、パソコンによってその全文、日付及び氏名を記載し、押印した遺言書を作成しました。

 Aが作成した自筆証書遺言は、確かにAの意思を反映した文書に間違いありません。
しかし、自筆証書遺言の方式を満たさないため、遺言書としては無効となります。
その結果、Aの死後に妻と子どもはAの相続財産について話合いがまとまらず、争いを始めてしまいました。

 

 このように、遺言の方式を一つ守らないだけで自分の意思を反映した遺言が無効となってしまうことが生じます。
そのため、遺言書を作成する際には、専門家に一度ご相談ください。

<h2>初回!無料相談について</h2>
<p>当事務所では、無料相談を行っております。 お気軽にご相談ください。</p>
<p>&nbsp;</p>
<div class="contact_bnr">
<p><a href="/free/"><img class="opacity" src="http://ns-partners.sakura.ne.jp/yuigon/wp-content/uploads/2014/09/btn12.gif" alt="無料相談の詳細はこちら" /></a></p>
</div>
<h3>当ホームページで、よく読まれているページはこちらです。</h3>
<table style="width: 600px;">
<tbody>
<tr>
<td><strong><span style="font-size: 14pt;"><a href="/">●HOME</a></span></strong></td>
<td><strong><a title="事務所案内" href="/company/"><span style="font-size: 14pt;">●事務所案内</span></a></strong></td>
<td><strong><a title="無料相談" href="/free/"><span style="font-size: 14pt;">●無料相談</span></a></strong></td>
</tr>
<tr>
<td><strong><a title="料金表" href="/price/"><span style="font-size: 14pt;">●料金表</span></a></strong></td>
<td><strong><a title="アクセス" href="/access/"><span style="font-size: 14pt;">●アクセス</span></a></strong></td>
<td><strong><a title="お問い合わせ" href="/contact/"><span style="font-size: 14pt;">●お問い合わせ</span></a></strong></td>
</tr>
</tbody>
</table>

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

ご相談例

遺言バナー

遺言ケース

9つのリスク

yuigon

成年後見の専門サイト

souzokusite

google map

東京都渋谷区鶯谷町3番1 SUビル8F